Top / 《ミッション》『イタリアーノ・イン・ニューヨーク』
HTML convert time: 0.069 sec.

『イタリアーノ・イン・ニューヨーク』

基本データ

登場人物

  • マチルダ?(映画の登場人物)
  • レオン?(映画の登場人物)
  • その他
    • ZUTAYA黄金町店『スターズ・オブ・ザ・シルバースクリーン』?

あらすじ

元映画館で営業する『ZUTAYA黄金町店』は、知る人ぞ知る名店。
貝橋と有馬は、そこでスタンド使いを求める広告を見つける。
『ZUTAYA黄金町店』では、その建物故か、奇妙な現象が頻発するという。
DVDを見たまま『現実に戻らない』客――その奪還を副店長に依頼され、
二人は『礼野仁』の豪邸を訪れる。

告知時情報

490 自分:初心者向けミッション[] 投稿日:2013/05/23(木) 00:41:24
タイトル:『初心者向けミッション』(仮)
GM:『刺青師』
危険度:『E』
難易度:『E』
開始日時:6月前半より
内容:参加者のスタンドの活躍
参加者:『2~3名』
備考:
基本はマッタリ進行。可能ならリアルも。
ミッション参加経験のない初心者の方を対象とする。
動き方、レスの方法まで懇切丁寧なガイドつき。
内容の希望があれば、あらかじめ受け付ける。
期間は『一ヶ月前後』で、あっさり目。

名シーン

248 :『イタリアーノ・イン・ニューヨーク』[] 投稿日:2013/07/22(月) 19:41:55
>>247(有馬)
頬が砕けるほどの一撃に、頭がクラクラする。
だが、漏れ出た笑いは、ダメージのせいではなかった。

  ジュウウ! シュウシュウシュウ・・・・

すでに――その手には『溶剤型』の接着剤が、
溢れんばかりに満たされていた。
その手で、抱え込んだ『狼面』の右足を掴みあげる・・・・

    ズ ジュウウウ

一気にもぎ取る、というわけにはいかない
(むしろ溶けた分、つかみ所がなくなる)が、
その指は太ももに沈みこみ、その半ばほどまでも溶断した。
パワーがあるだけに、『掴み』への抵抗も強いが、
もう数秒もあれば、完全に断ち切ることが出来そうだ。

        ガッシ!

だが・・・・そんなこととは『お構いなし』に。
『狼面』は、密着した『デヴィルズ・レイン』に抱きつき、
その両腕を拘束する。
自由を奪われたスタンド越しに、
『スタンスフィールド』が銃をこちらに向けるのが見えた。
その右足からは煙が上がり、ダメージを受けているのがわかる。
だが、『スタンスフィールド』に痛みはない。
そして、ダメージも・・・・スタンドが受けるものより『半減』して見える。
薄笑いを浮かべる白人に、怯む気配は微塵もない。

                   チャッ

左方向は銃にとって不利な角度だが、それとて咄嗟の対応の話。
こうなってしまえば、身体ごと向きを変えれば済む話だ。
数mという至近距離、スタンドを封じられた本体狙いの射撃――
――有馬、絶体絶命のその時だった。

>>246(貝橋)

ガァア――――ン!
               ガァア――――ン!

続けざまに二発、マチルダが銃撃を行った。

狙いは、『無茶苦茶』だ。
一発は壁に、二発目は天井に、それぞれ当たり、跳ね返った。
だが、その跳弾が『スタンスフィールド』の髪をかすめ、
男の傲慢な笑みをかき消した。

       バッ!

残された『二面』のスタンドが、頭と胴をガードする。
左腕は『狼』と繋がったまま、前に伸ばしているため、防御に使えない。
ガードは右腕一本だ・・・・弾丸を叩き落すのではなく、がっちりと固める守り。
それは、銃弾を落とすほどの『精確さ』はないことの証明でもある。

          ガァア――――ン!
                         ガァア――――ン!

     ガァン!
              ガァア――――ン!


「うわあぁぁあああああああああ!!」

なおもマチルダは撃つ――撃ち続ける。
同時に、『バベッツ』も再びナイフを発現、投擲した。

弾丸は全て、壁に当たるか、廊下奥に吸い込まれていったが、

                     ――スド!

『バベッツ』の小さな刃が、『ニ面スタンド』の右太ももに突き立った!
防御の手が足りないのは明らかだ。
『スタンスフィールド』自身、有馬に突きつけた銃を発射する余裕がない。

そしてナイフが刺さった箇所――そこは。
スタンドこそ違えど、有馬の溶かした部位だった。

     グ   ラァァ

白人の身体が、ぐらりと右に傾く。
右足のダメージが、『無痛』を越え、機能に及んだのだ。

「・・・・おいおい」

有馬に向いた銃口が、宙に泳ぐ・・・・
267 名前:貝橋詩織『バベッツ・ギャスタブッド』[] 投稿日:2013/07/26(金) 00:53:27
>>266
「…………」

最期の…………。
最期の力を振り絞って……。

  「……レオンは……もう、あんたを脱出させた時点で……
   もう自分に『先』がないことを理解していたんだわ」

……この結果は、あたしたちの『不手際』が招いたものだわ。
あたしたちがもっと強ければ、最期にレオンと礼野を引き合わせれたかもしれない。
だから、あたしが言わなくちゃいけない。

     「……死力を尽くして、レオンはあんたを救ったのよ」
        「これはレオンからのメッセージ」

    「マチルダ……いや『礼野』。
     あんたは『ここ』にいるべきじゃない。
     現実に戻るのよ。……大丈夫、あんたは一人じゃない」

   「さっきさ……あたし知った風な口聞いて、説教じみたことを言っていたでし ょ?」

『レオン』はマチルダと逃げることは叶わないで爆死しちゃうけど、
レオンの遺志は、唯一の友人だった『観葉植物』として残されている。
そして、殺し屋になりたかった少女は『元の世界』に帰る。

      「あれ、真野さんからの受け売りなの」
   「……笑えるでしょ? あの人、あんな感じで映画好きなのよ」

            「――今度は、伝わったわよね」

レオンの、真野さんの……想い。
268 名前:有馬『デヴィルズ・レイン』[] 投稿日:2013/07/26(金) 00:54:57
>>266
「死力……だったってことか……。」
運命とか、ストーリーがどうとかは言わない。言えない。
ストーリーからは既に外れていたのだから。

一言を残す余裕も、抱きしめる余裕もなく逝く。それほどの状況でありながら、
――レオンは勝った。

「礼野……解るか?レオンがここまでした理由は……。
お前がレオンを救おうとしたのともきっと近い。
何故なら、『未来を得てほしかった』からだろう、と、俺は思っている。
未来を得に行くんだ、マチルダ――仁、お前もそうだ。
この一時に囚われるのでなく、より良き、未来を……」

そこまで行って黙り、貝橋さんに血がかからないように、咽かえる。
喋りすぎて血が上って来た。
……そう言えばお茶を飲んでない。うっかり。
この後に貝橋さんが説得する言葉を放ってるうちにコマ外で飲む。

ミッションの感想など

感想戦:
http://yui.oopsup.com/download.php/goldenrectangle/itarikansou.txt[外部リンク]

参加者感想:

98 名前:貝橋詩織『バベッツ・ギャスタブッド』[] 投稿日:2013/07/27(土) 22:53:57 
>『イタリアーノ・イン・ニューヨーク』
感想会で大体語りつくしちゃったんだけど、題材・NPCともに楽しいミッションでした。
とくに礼野と真野さんは、物語後の幸せを祈りたくなるようなNPC。マジでお幸せに。

有馬とは作中で連携が足りなかったって反省点があったけど、コミュニケーションは結構とれたかなと。
今回のミッションでの楽しみの一つでした。ここでもう一度お礼を言っておきます。ありがとうございました。

難易度の齟齬はスタンスフィールドあたりでビシビシ感じていたけど、
最終的に倒させてもらえたあたりやっぱり『E』だな、と。
自らの力量不足を悔いるばかりだけど、今度があればGMのお助けなしで片付けられるようになりたい。

そういうわけで色々あったけど楽しかったです。

GM(ZAKI)さん ⇒ 『10万』

映画を題材にしたミッションは『映画ミ』とかって通称がつくくらい恒例になればいいなって思います!
117 名前:青田『トライブ・コールド・クエスト』[] 投稿日:2013/09/15(日) 00:54:50
今存在に気付きました。ええ。遅れて申し訳ない。
>『イタリアーノ・イン・ニューヨーク』
題材やミッションそのものの形式など、新しい試みがあり、それがきちんと回っている と思いました。
最初の突入時の失敗、こちらが協力したいと言っておきながら貝橋さんとの協力が足ら ないなど、
こちらの失策で迷惑をおかけしていた印象があります。申し訳ありませんでした。

そう言った詫びも含め、GM(ZAKI)様に『10万円』を。

備考

・ガイダンスが特徴的な初心者用ミッション。
・ただし、今参加者は両名とも初心者とは言い難い。

・実在の映画作品を題材に、映画世界を舞台にする試みを行っている。
 ミッション中の舞台は全て映画中と同一であり、登場人物も同じ。
 そのためアドリブが利かせ辛く、GMは苦心した。
・GMはこのミッションのため、【レオン』を一ヶ月レンタルした。
・登場人物にスタンドを与えたのは、アドリブ。
 バランス調整の他、スタンスフィールドの名演に感動したことが理由。

・『映画ミッション』は好評だったため、この設定は他GMにも解放し、
 シェアしていく予定。
・町の新ランドマークとして、【場】『ZUTAYA黄金町店』が発足した。