Top / 《ミッション》『白い鳥/黒の塔』
HTML convert time: 0.073 sec.

《ミッション》『白い鳥/黒の塔』

Last-modified: 2015-02-10 (火) 23:43:22

『白い鳥/黒の塔』

基本データ

GM『Missile Man』(【The Outfit】)
開催スレッド【ミ】『特攻兵団ミサイルマン』[外部リンク]
開催時期15/01/25~15/01/27

登場人物

あらすじ

体調不良で寝入っていた『朱雀院 エレナ』。
そこに白い鳥の姿をスタンドが姿を現す。

暗殺者を名乗るスタンドは――エレナに『邪悪な要求』を突きつける。

告知時情報

325 名前:『Missile Man』[] 投稿日:2015/01/23(金) 02:58:09
ミッション名:『白い鳥/黒の塔』

危険度:なし
難易度:なし

GM:【The Outfit】

ミッション概要:『死亡宣告』
報酬:なし
募集人数:一名――参加資格者は『朱雀院エレナ』のみ。
備考:【特攻兵団 ミサイルマン】ミッションのプロローグ。
    本ミッションから次のミッションへとスライドする予定。
    その段階になってから、再度追加参加者を募集する。

    尚、『モブ役』を行ってくれるPCを募集する。
    必要なレスは1~2レス程度。
    これは今後の参加を強制するモノではないが、
    今後参加したいPCが居るなら、『顔見せ』のつもりで
    来てもらうと面白くなる……かもしれない。
    こちらは希望者からGMが選択をする予定。

エレナPLは開始可能な日程の提示を。

名シーン(ネタバレあり。既読後確認を推奨)

30 名前:朱雀院 エレナ『ブラインド・フェイス』[] 投稿日:2015/01/25(日) 04:34:53
>>28
『鳥』の言葉など、耳に入らない。

「……嘘…」
        「嘘……よ……ッ!!」

全力で、『麻袋』に駆け寄り、
その口を開けようと試みる。
口が紐などで固く縛られているなら、指に血が滲もうとも構わず、結び目をほどき、その中に目を向ける!

31 名前:『白い鳥/黒の塔』[このレスに対する応答レス不要。エレナは待機。] 投稿日:2015/01/25(日) 23:40:32
>>30(エレナ)
固く口を結ばれた麻袋をこじ開けた。


 シュル ル
           バッサァアーッ


  《 あーァ? やっぱりご執心ンンンン? 》

 《 そーいうのがカンケーあるのか?
   まだ 『謎』 が あるがよォォ――ッ 》


         《 調べて判った――   ...
           テメーのお気に入りの使用人だぜ 》

中に入っていたのは……両手足がへし折れて、落ち窪んだ瞼の和服の女。
普段かけているはずの眼鏡もなく、荷物のように無造作に折り畳まれている。

            ┌──────────────────────────―┐
            │                           │
            │地乃 フミ 『元朱雀院邸の使用人』           │
            │                           │
            │スタンドは――『アサイラム・ストリート・スパンカーズ』│
            │殴った場所に電柱を発現する近距離パワー型       │
            │                           │
            └──────────────────────────―┘
>>31.jpg

     《 スタンド使いってのにはおったまげたがよォー 》

  《 僕ら二人に敵うワケはねーんだ…… そしてッ 》


         《 僕に返答がねーこと  それは『ほかの人間の死に対する』ッ
           薄情なオジョウサマの『肯定』と見なすぜッ! 楽しめよォー…… 》

  《 他人が 『支払ってくれる人生』をなァァ――ッ 》
41 名前:『潜む死神』[] 投稿日:2015/01/26(月) 01:51:01
>>38(ココロ)

  ガガガガガガガガガガガガガガ――ッ

銃声は鳴り響き続けている。時折途切れるが、再び銃弾が放たれる。
耳を聾さんばかりの轟音が鳴り響き、ココロは頭の痛みすら覚えた。
逃げることには成功した。身を伏せて、弾の当たる角度から外れる――



          ガ   ガガガガッ ガッ

銃声が止んだ……周囲には人の群れが倒れ伏し、死体となって転がっている。
そして……伏せたココロに向けて、銃先が一つ。向けられていた。

             ピ  タァ
43 名前:ココロ『RLP』[] 投稿日:2015/01/26(月) 02:03:23
>>41

          ガ   ガガガガッ ガッ


「はぁーーーっ、はぁーーーっ、はぁーーーー……」

「やだ……」

         ガタガタガタガタガタガタガタガタガタ……

「嫌、嫌……ひっ、ひっ……」
             
         「ひぃっ……ゲホッ…………ぁ、あ……」

ココロは……弱い。
自分が今、どうなってるか認識することさえ叶わない。

ただ震え、そして。

             ピ  タァ
>>43.jpg

「……あ……あぁぁ……」

「や……やめて……」
「許して……こ、こ……殺さないでください……」

「殺さないで……」

……許しを乞うくらいしか、出来ない。
スタンド使い失格だろうか? だがココロには、『出来ない』。
39 名前:『炎の口づけ』[] 投稿日:2015/01/26(月) 01:25:19
>>36(春上)
春上は駅のホームから改札に通じる階段を昇っていく――
ふと、入ってくる電車に目が止まった。

       ゴ  ォォォォォ――ッ


電車はホームに滑り込む――その時。


    ドボォン!    ドボォン!

          ドッグォォォン――ッ!

電車の滑り込んできた線路が『爆発した』。


       ゴガ  ガギャギャギャギャギャ
           ギャギャギャギャギャギャァァ――ッ!

線路自体が折れてへし曲がり、車体が横転。ホーム内に転がってくる――!

40 名前:春上朋之『シューティング・ギャラリー』[] 投稿日:2015/01/26(月) 01:38:18
>>39
「おいおい……おいおいおいおい」

突然の出来事に動揺を隠せない。

「なんだってんだよォ!!」

咄嗟に機械的な大柄の人型のヴィジョン、『シューティング・ギャラリー』を発現。
ホームへ飛び、その豪腕で転がりくる車体を押さえつけて止めたい。

ホームにはまだ人がいるだろうし被害を最小限に抑えるためだ。多少の怪我は厭わない。

42 名前:『炎の口づけ』[] 投稿日:2015/01/26(月) 01:51:35
>>40(春上)

      ズギュウウンッ

『シューティング・ギャラリー』を発現し――ホーム内に転がり込む電車に走る!
あまりに巨大な重量物。本来なら春上のスタンド力では受け止めきれない――


            ド  ドォォン

幸いだったのは車体が吹っ飛び、跳ねて若干減速していたこと。
そして、何より春上の熱い意志力が――『スタンドパワー』を全開にさせた!


   ド  ゴォォッ

             ス″
             ト″
              オ          ビリ
             ン               ビリビリビリ
              /
             ・
>>42.jpg
受け止めた反動で足が床に食い込み、腕も痛むが……止まった。


           《 《 《 ォォォォォ  ォオオオオン 》 》 》

何か――奇妙な鳴き声が聞こえる。

ミッションの感想など

備考

『ミサイルマン』のプロローグ。
実質的な戦闘シーンはないが春上の電車止めがGM的には見所。
『熱ければこれぐらいの行動はOK』という、本ミッションの判定基準を
示すいいきっかけになった。ミッションはこのまま『笑う標的』に続く。

ミッション一覧