Top / 《ミッション》『黒の恐怖』
HTML convert time: 0.018 sec.

《ミッション》『黒の恐怖』

Last-modified: 2014-02-27 (木) 14:32:36

『黒の恐怖』

基本データ

GM『黒畝』
開催スレッド【場】『倉庫街』(143~206)[外部リンク]
開催時期2012/07/20~2012/08/22

登場人物

  • 敵対者(NPC)
    • シュマ『ノスフェラトゥ』?

あらすじ

夕暮れの倉庫街に訪れた『鴫野』。
『水音』を聞きつけた彼に、災難が訪れる……

告知時情報

    ォ   オ   オ   ォ  オ  オ        ォ  オオ  オ  ォ ォ ォ  オ ォ


――――日暮れ時。逢魔ヶ時とも呼ばれる時間帯だ。

無機的なコンテナや倉庫は、海を血の色に染めて沈んでいく太陽に塗り替えられて、紅い墓標の連なりとなっている。
『魚醤男』の姿はなく。人気のない道を歩いていく『鴫野』――――

                                                    ピチョンッ  ピチョンッ

不意に、滴る水の音が耳を打った。

名シーン

   ザッ

立ち上がる――『ギアーズ』に乗った状態のままだ。
再発現の必要はなかった。『シュマ』もゆらりと立ち上がる。



          グ        ググッ


――――なにかが、おかしい。


    「ひッ」   「ひヒィ」


子供らしく、泣いている。
プルプルと肩を震わし、眼を真っ赤に――元より赤い瞳だが――して。

  「ひッ」 「ひぐゥ」
   「ひひッ」 「ひィィ――」      ・  ・  ・
                    「ひ ど い」
                   「いたい」 「痛いヒィィ――ッ」

たった一つ異常なのは。
壁に叩きつけられたせいか、折れ曲がっていることだ。

首が横に向けて、ほぼ、Lの字に。


            ギッ   ギシンッ  ギギギギ

今にももげ落ちそうな首を手で押し上げて、元の位置に戻そうとしている。
『シュマ』:
「ぜったいにゆるさない」
 
「切り刻んで切り刻んで切り刻んで――――」
    「コマギレにしてサカナのエサにしてやるッ」
 
 
         バギャアアッ! バギバギ


まるで駿馬のように、思い切りコンクリの床を蹴立てて礫を叩きつけたッ!
だが、『シュマ』の動きは止まらない。あの治癒力に任せてか、回避すらしない。
 
 
        ドズッ   ドスドスドスゥッ


破片が突き刺さる音が聞こえるが――更に。

                         ズ  ドンッ
  
地面を強く蹴り込む音。更に斜めに跳び、コンテナに向けて蹴るッ!

       ガイイイ ――ンッ!
 
三角跳びで、一気に背を向けた『鴫野』に向けて跳びかからんとするッ!
水溜りまでの距離はあと2メートルッ! この瞬間が勝負だッ!
「言ったはず」
 
背を向けて走り続けるのは危険が大きい、
かといって、足止めの手段はほぼ使い切ってしまった。

跳躍してよけるか……だがそうすると追い越される可能性が高い。
なれば、正面からしのぐしかないか……。
 
 
「そういうのは嫌いと……!」


右こぶしを地面について、体全体を右回転させ、シュマに向き直る。

飛んでくる敵なら軌道の判別は容易なはずだ。

飛んでくるシュマに対して、『ギアーズ』の左掌エンジンを
払いながら突き出し、フルパワーで打ち返す!!
ギャリギャリギャリイイイ――――ッ

 
床に手をついて強制制動ッ! 指先に擦れる痛みが襲うッ。
だが、反転したその態勢。迎撃に問題は生じない。

『シュマ』:
「『ノスフェラトゥ』ぉお――ッ!!」
 
          ズオオオッ

跳びかかる『シュマ』。払いながら突き出した腕。
そのリーチ差は、先程と同じ。それでも弧を描く軌道ゆえに、『ギアーズ』の動きは遅れる。

 
               ドズウウウッ

右肩に鉤爪が突き刺さった……
鋭い痛みが襲うが、それに動じずに一気にッ   ――――ド  ゴドンッ!!
 
 
                「ひッ」   「ギ い ィ ッ!?」

先程より上回るパワーを以て、カウンターで吹き飛ばしたッ!
再びコンテナに『シュマ』は叩きつけられる。

ミッションの感想など

52 名前:鴫野 天龍『ブラッド・スウェット&ギアーズ』[] 投稿日:2012/07/22(日) 23:19:03
倉庫街の小バトルお疲れ様でした。
以下雑感。

7割ぐらい普通のスタンド使いとのバトルかなと思っていましたので
首が折れてからの数レスはキモを潰しました。おっかない。
敵スタンド情報の収集からさきが少し防戦気味になったのはちょっと反省。

後半の逃亡フェイズでは追いつかれたときに応戦するか回避に徹するかという
追われる恐怖と緊張感を良い具合に楽しませてもらいました。
時には力こめて突っ込むことも大事ですねぇ。

備考

場で行われた突発イベント。
シュマ『ノスフェラトゥ』?ダイナー『Straits』[外部リンク]にて、
姉妹共々、先行して登場している。