Top / 《ミッション》第一話 『美女と水着と人喰いプール』
HTML convert time: 0.043 sec.

第一話 第一話 『美女と水着と人喰いプール』

基本データ

GM『刺青師』
開催スレッド【ミ】『サタデーナイト・ミッション』(2-187)[外部リンク]
関連スレッドなし
開催時期2012/07/21~2012/09/14

登場人物

  • 敵対者(NPC)
    • ガー助『アース・ルーツ・アンド・ウォーター』?

あらすじ

『人喰いプール』――
不気味な異名を持つ放置プールが、黄金町にはあるという。
場所は黄金町東部、山すそに広がる地域、『末路』。
そこに存在した『末路中学校』は廃校となったが、
何故かプールだけは残され、いまだに存在している。

その『プール』は、人を喰うという。
水泳の授業中、生徒の誰かが消える。
夜に忍び込んだ不良学生が消える。
排水口を調べても、鉄格子をはめても、消えてしまう。
残されるのはいつも、消えた者の水着だけ。
どこまで『噂』で、どこまで真実か、それはわからない。

問題は・・・・『プール』だ。
持ち主は次々と変わり、その度に取り壊しの計画は立つのだが、
調査の段階から奇妙な現象が多発し、一度も成功していない。
すでに業界では有名な存在であり、買い手もつかず、
何故か青々とした水を湛えるプールを前に、
最後に『ジョーカー』を引いた不動産屋は、別のアプローチを試みる。

・・・・怪奇現象が問題なら、そちらを解決して売ればよい。

告知時情報

249 自分:『サタデーナイト・ミッション』[] 投稿日:2012/07/03(火) 21:30:37
タイトル:『サタデーナイト・ミッション 第一話』(仮)
GM:『刺青師』
危険度:参加者次第
難易度:参加者次第
募集人数:1~3名
開始日時:7月21日(土)~
進行速度:参加者に応じる。
実施期間:
毎週土曜の夜、23:30~2::00(可能な限り)
全5回、一月程度での終了を目指す。
平日はまったり進行。

概要:
土曜なら夜更かし可能、という人を対象にしたミッション。
内容は参加者が揃った後、決定する。
参加者は『お題』や『希望』を提示すれば、
GMは出来るだけ、それに沿ったミッションを行う。

締め切り:
7月14日24時まで。

その他:
土曜夜のリアル進行が前提なので、
まったりオンリーの方の参加はご遠慮ください。

また土曜夜の欠席は、GMによるNPC化で進行することがあります。

スムーズな進行のため、
レスはあまり凝らず、15分程度を心がけてください。
(長考の際は一声かけていただければ考慮します)

質問などあれば、お気軽にどうぞ。

名シーン

170 自分:第一話 『美女と水着と人喰いプール』[] 投稿日:2012/09/09(日) 02:20:25
>>169(巴)
了解。

>>165(薬師丸)
ズキュ!

『水鳥』に攻撃すべく、『レディ・リン』は握った『シャワーヘッド』に
重さ『5kg』はあろう『巨大鈴』を設置する。 

さらに、その先端を鞭のように放――
                             ガラァン!

少し考えればわかるが、先端に『5kg』の重りがついた鞭を
自由に操れる人間はいない。それが『4m』以上の長さならなおのことだ。
逆に、床に落としたことによって、
『レディ・リン』がシャワーの放水を浴びてしまう!

シャワワワワワ――――ッ
                    ドロ ロロォォ

『液状化』した『レディ・リン』の輪郭が、煮えたシチューのように崩れていく・・・・!

          ドカラッ!!
                         バウンッ

同時に、薬師丸自身に強い衝撃が走った。
巴が『ヴァシュティ』で蹴ったのだ――無論、攻撃ではない。
大量の水から逃すためと瞬時に悟る。
だが問題は、その方向が『レディ・リン』に向かってということだ。
先刻までなら、そこは安全圏。
だが今は、重りのついたシャワーヘッドが水を撒き散らす『危険地帯』だ・・・・!

           ゴ ゴ  ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ 

>>166(巴)
回避をあきらめ、二人を逃がす選択をする巴。
『ヴァシュティ』の前蹴りが二人を捕らえ、蛇村の方向へと跳ね飛ばした。
それを見届ける間もなく、『水鳥』が体にぶつかる。
その感触は『鳥』ではない――『液体』のそれだ! 

               ドバッ シャッ

巴をしとどに濡らしたそれは、瞬時に彼女を『溶かした』。
立ち尽くす『ヴァシュティ』の頭部、そして尻の一部も同様の有様だ。
液体になった『水鳥』は、同じく液化した巴や『ヴァシュティ』の一部と混ざりながら、
柵の近くの床に落下する――

    バッ シャァア――z_____________ ンッ !!

激しい水音とともに、巴だった液体は『四散』する。


>>167(天田)
『ヴァシュティ』に蹴られ、宙を舞う天田。
巴は自身を犠牲にして二人を助けようとしたのだ。
だが――それは、天田も同じだった。

   ド ド ド
                 ド ド  ド ド  ド

・・・・『フラット・フット・ストンパーズ』。
すでに――『水鳥』の着地地点を『バネ仕掛け』にしておいた! 

『水鳥』が液状になり、巴もろとも落ちてくるのは予想外だったが、
やることは同じだ――
                   カチリ

水の重量が『バネ』を押し込んだ瞬間、『ストンパーズ』でスイッチを押した。
すると――


    バッ シャァア――z_____________ ンッ !!


『水』が跳ね飛ぶ――塊のまま突き上げられる。
圧倒的な力で、盛大に『水を切られ』――その結果。


  ジュルル ルルルル  ルルルルル――z_____ッ

  
       ド ド    ド ド ド ド


>巴
空中で散華した水滴のさ中、現れ出たその姿は――
巴と! そして一匹のカラス!

                   「カァァ――z______ッ!?」


ともに――手の届く距離だ!

ミッションの感想など

ミッション一覧