Top / 【用語】発掘
HTML convert time: 0.017 sec.

【用語】発掘

Last-modified: 2014-03-07 (金) 02:07:59

【用語】発掘

『刺青師』が行っているスタンドの微成長システム。
対象は『刺青師』の供与したスタンド及び移住スタンド。
持ち主の未だ気付かない『力』や新たなる『限界』について『気付かせる』ことを主旨とする。
(『使いこなしたスタンドに新たな要素を付け加える』『まだ気付いていない運用の方法を伝える』
 という意味合いが強いので、もらってすぐ『発掘』を頼んでも何も出てこない可能性が高い)
基本的に『発掘』はPCが『刺青師』のもとへ訪れて行われるが、
PLの希望によっては『発掘』自体はPLレベルで行い、
PCの認識としては『ある日突然目覚めた(気付いた)』という演出にすることもできる。

  • 『発掘』
    一回『一〇万』。
    その時点での『秘められた才能』を教える
    教える数の制限枠は『成長性』によって変化する。
    この時点での質疑は受け付けないが、項目ごとに『一〇万』払うことで質疑の制限を解除する。
    支払いには、PLとして得たミッションマネーは『半額』までしか使用できない。
  • 『採掘』
    値段は『時価』。
    『採掘』した才能の使用に制限はない。
    『採掘』は回数を重ねるごと、値段に『50万』上乗せする。
    値段の決定要素は以下の通り。
    支払いには、PLとして得たミッションマネーは、『半額』までしか使用できない。
      基本値:『100万』
      効果:+『10万~100万』
      過去の『採掘』:+『50万』
      過去の活躍度:-『10万~50万』
      活動制限度:-『10万~100万』
      (いわゆる『使いづらさ』)