Top / クマリ・ヴィシュナワート『アンリトゥン・ペイジス』
HTML convert time: 0.014 sec.

クマリ・ヴィシュナワート『アンリトゥン・ペイジス』

本体のプロフィール

#ref(): File not found: "image_url" at page "クマリ・ヴィシュナワート『アンリトゥン・ペイジス』"

★氏名―クマリ・ヴィシュナワート
★スタンド―『アンリトゥン・ペイジス』
★スタンド能力―『心の闇』を癒す診療所
★性別―女 ★年齢―16
★血液型―B
★身長―159cm
★髪の色―黒 ★瞳の色―グリーン
★趣味―文通
★好きな映画―『きっと、うまくいく』
★好きな食べ物―プレーンラッシー(診療所の名物でもある)
★性格―
『真っ白なページ』のような心の持ち主。
 押しつけることを決してせず、
 喜び、悲しみ、憶えていたいこと、忘れたいこと、
 他者のすべてを『あるがまま』に受け入れる。
★外見―
 褐色の肌、大きく円らな目。
 おろせば地面に届く長い髪を二つに結い上げている。
 額に真紅の『ビンディ』。
★備考―
 途上国の貧しい家に生まれる。
 6歳のとき、親の借金の肩代わりとして、上流階層の男と強制的に結婚させられた。
 事実上の奴隷として過ごしていたが、国際NGO団体の尽力により救済され、
 その団体の出資者で、スタンド能力の理解者である篤志家の支援を受け、黄金町に移り住む。
 自分を『あるがまま』でいさせてくれる世界への感謝と、 
 かつての自分のように『あるがままでいられない苦しみ』を抱える人のためにできることをしたいという思いから、
 スタンドである『診療所』で、患者たちとともに生きる日々を送っている。

スタンド:『アンリトゥン・ペイジス』

#ref(): File not found: "image_url" at page "クマリ・ヴィシュナワート『アンリトゥン・ペイジス』"

供与者:『暦』

白い塀、白い門に囲まれた『象牙の小城』のヴィジョン。
発現には『静謐な自然』を必要とする。土地は『不要』。
この建物は『サナトリウム(療養所)』である。
建物から滲む乳白色の光には『邪悪』を払う力があり、
病や呪い、ストレス、悪感情などは次第に消えていく。
素朴ではあるが、入院者のために用意される
食事やサービスにも同様の効果がある。

ただし、この『理想郷』にいられるのは、
上記の『邪悪』を抱えた『患者』のみ。
また、『邪悪』を『本質』とする者にとって、
『療養所』は『処刑場』に等しい場所となる。

『アンリトゥン・ペイジス』
破壊力:なし スピード:なし 射程距離:C
持続力:A  精密動作性:なし 成長性:E 

参加ミッション

参加中

終了済

バトル


【PC・カ行】