Top / ミッションの危険度について
HTML convert time: 0.013 sec.

ミッションの危険度について

Last-modified: 2012-07-11 (水) 02:58:08

ミッションの危険度について

『黄金板』独自の再定義をしました。

GMの方は参考にしてください。


『危険度:A』:
・上級者用ミッション。
 参加者の数名が欠けることを前提としている。
 (必ず殺すというわけではないし、必ず生かすわけでもない)
・一つのミスが重傷や部位切断に繋がる。~
・失敗した者、油断があった者、運がなかった者から死ぬ。
・健闘した者は華々しく死ねるが、至らない者は惨めに死ぬ。
・スタンドの成長性に関係なく、活躍を認められれば『成長』する。
・原作では、『クリーム』戦、『ザ・ワールド』戦が相当。
『危険度:B』:
・中級者用ミッション。
・失敗は軽傷、大きなミスには重傷やそれ以上のダメージ。
・基本的には『再起不能』まで。ただしGMの判断で『死亡』適用も可。
・スタンドの成長性が高く、活躍を認められれば『成長』する。
・原作では、『ジャスティス』戦、『ハングドマン』戦が相当。
『危険度:C』:
・一般的なミッション。
・失敗すれば軽傷、悪くても重傷止まり。
・原作では、『ラブ・デラックス』戦、『サーフィス』戦が相当。
『危険度:D』:
・初心者向けのミッション。バトルがないことも。
・多少のミスでは怪我をしない。重傷はまずない。
原作では『パール・ジャム』戦?など。
『危険度:E』:
・板活動自体に不慣れな初心者用のミッション。
・解説、ガイダンスなどがつき、GMが動き方をアドバイスする。
・怪我はしないか、または『残らない』。
・積極的に動きさえすれば、活躍できる。

用語集