Top / 音無ピエール『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』
HTML convert time: 0.019 sec.

音無ピエール『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』

本体のプロフィール

#ref(): File not found: "image_url" at page "音無ピエール『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』"

★氏名 - 音無ピエール
★スタンド - 『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』
★性別 - 男 ★年齢 - 27
★星座 - 天秤座 ★髪の色 - 黒色 ★瞳の色 - 鳶色
★趣味 - スプーンの収集 ★身長 - 179cm
★好きなドラマ - 『ニコラ警視シリーズ』 ★好きな色 - 赤×白色
★性格 - 自らの『血統』を誇りにしており、
     プライドを傷つける者には老若男女誰であろうと『決闘』を申し込む。
     『決闘』は殴り合いではなく、公正なルールがあれば種目は問わない。
     逆に相手の『血統』やルーツにも敬意を払っており、良くも悪くも気難しい性格。

★外見 - ウェーブの掛かった艶の有る黒髪を肩まで伸ばし、
     前髪は額に『ハート』の形が見えるように分けられている。
     逞しい『ケツアゴ』がチャームポイント。
     常に気を張った態度であり、表情や仕草にも現れている。
     服装は大体『派手』であるが、本人の美意識を気にした結果。
    『剣』と『心臓』を対に乗せた『天秤』の刺青を胸板に彫り、
     シャツの胸元から覗かせるように気遣っている。

★備考 - 家は三百年以上にも渡って『正義』を貫き続けた家系。
     政体が変わるにつれて家の役割は失われ、家系は断絶したが、
    『義』を求める精神は未だに血の中に流れているとは本人談。

     公正な『決闘』を行う理由は『正しさ』がどちらにあるかを判断する為。
     プライドの高さ故に自らを鑑みない性格である音無ピエールにとって、
    『敗北』とは自らを見つめ直す『スイッチ』としての機能を果たしている。 

スタンド:『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』

#ref(): File not found: "image_url" at page "音無ピエール『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』"

供与者:『刺青師』

闘争への飽くなく『挑戦心』、そして伝統への『誇り』・・・・
君の『力』にそれらが反映されるのは、当然の結果だった。
・・・・無事、『目覚めた』ようだな。

一対の『剣』と『盾』・・・・それが君の得た『力』だ。
『剣』は肉厚な片刃の西洋剣。
『盾』の表面には、大きな『紋章』が印されている。
この『盾』で受けた攻撃を、『剣』で返す。
言葉にするとごく単純だが・・・・それが君の『力』の能力だ。

『盾』の外枠に収まる攻撃であれば、
この『盾』は何でも吸収し、『紋章』に変える。
例えば、発射された弾丸を吸い込めば、
紋章には新たに『弾丸の紋章』が刻まれる。
『盾』に全体が入らない攻撃――例えばハンマーの一撃などは、
その『衝撃』のみ、『紋章』として保管出来るようだ。
その数・・・・最大で『12個』まで。

そして、『剣』で『盾』に軽く触れれば、
これらの『紋章』は『剣』の柄に移すことが出来る。
移せるのは最大で『2つ』までだが、
『剣』による攻撃に合わせ、任意のタイミングで『反射』する――
上記の例で言えば、『剣』の突きから銃弾を放ったり、
斬撃の威力をハンマーのそれに換えたりすることが可能だ。
飛び道具は飛び道具として、近接攻撃なら同じ間合いで、
ともに『反射』させられると思えば、わかりやすい。

・・・・ここまでなら至極、単純な能力だが。
特筆すべき、二つの特徴について補足しておこう。

一つは、『盾』が他の『力』や能力すら受け止め、
『吸収・反射』してのけるということ。
二つは、柄に移した『2つの紋章』を同時に使うことで、
その過程と効果を複合することが出来るという点だ。
――上記の例なら、『ハンマーの威力を持つ弾丸』といった具合に。

数多の戦場を目指すなら、どちらも極めて『有用』のはずだが・・・・
それを決めるのは、あくまで君自身だな。


さあ――『彫り上がった』。
『誇り』を賭けて、挑むがいい・・・・

『ジュリエット・アンド・ザ・リックス』
破壊力:B スピード:C 射程距離:C
持続力:B 精密動作性:C 成長性:B 

参加ミッション

参加中

終了済

バトル

所持金: